HOME | 本日のオススメ | シリコン谷から | すしとみ瓦版 | イエローブック | 鉄人主婦養成道場 | 魚豆知識

« ボクの修行時代 その5 | メイン | すしトミ17周年記念ウイーク!! »

2011年10月03日

ボクの修行時代 その6の前に

基本的には素直で真面目なほうだったと自分では思うが、とにかくオッチョコチョイだった。複数の出前の最中、最初の鰻を下ろして走り出すと、後ろのほうでガッチャーン!!と音がする。振り返るとバイクが倒れている。これは鰻屋にとって最悪の状況だ。だって、俗に言う 「蕎麦屋の出前」 というのは、催促の電話を自分で受けながら、「今出ましたよ!!」 と言ってそれから出前に行くものだ。

それが鰻屋だと、「今出ましたよ!!」 と言って出たはずなのに、途中でバイクを倒してお重の鰻がバラバラ。どんなにパズルが上手でも、この再現は不可能だ。近場の公衆電話から、「すいません!!、〇〇さんとXXさんの鰻落っことしました!!」 と店に電話する。

当時出前用に白焼きの余分は用意してあったが、連絡を受けてから20-25分は最低蒸す。蒸し器も3段が最高だったので、夏場の忙しい時にやり直しというのは本当に大変だった。なによりもお客さんへの言い訳けの筋がつかない。うまい鰻を喰うのに、時間がかかるのは当たり前で、四の五の言うのは野暮ではある。でも、催促の電話を受けた本人が、「今でましたよ!!」 と明言し、その家の前でひっくり返しているのだ。

Sさん、Hさん、どういうわけか二人からこの手の失敗で怒られた記憶がない。黙って焼きなおしてくれた。
今度会ったら聞いてみよう。なぜ怒らなかったのか。そして、ほんとはどういう気持ちだったのか。


投稿者 sushitomi : 2011年10月03日 00:27

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sushitomi.com/mt/mt-tb.cgi/599

コメント

落語のマクラにしたら大受けする話だね。本人と、待たされてるお客には、笑い事じゃないでしょうが。

投稿者 Junji : 2011年10月25日 23:55

オーダーして2時間待たされたお客さん宅のブザーを押し、謝り、無言で御代を渡され、お釣りを渡す。この修行のおかげで、心臓の毛は増毛、面の皮は剥きやすくなりました。

せっかちなお客さんで、何度も電話されるのも難儀でしたが、黙って待ち続ける忍耐慣れした人も困ることがあります。こっちがすっかり忘れているときです。あ~、嫌なこと思い出した~。また今夜も眠れそうにない!!

投稿者 板前T : 2011年10月26日 09:24

テストです

投稿者 テスト : 2011年10月26日 10:49

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)