HOME | 本日のオススメ | シリコン谷から | すしとみ瓦版 | イエローブック | 鉄人主婦養成道場 | 魚豆知識

« ボクの修行時代 その4 | メイン | ボクの修行時代 その5 »

2011年09月30日

ボクの修行時代 その5の前に

ボクらが高校にあがる頃、放映されたテレビドラマ 「俺たちの旅」 人気はすごかった。実際ボクもボクの仲間も皆、東京に住むなら吉祥寺、女の子をデートに誘うなら井の頭公園!!!なんて話を、馬や鹿のみならず、カバたちまで巻き込んで話していたものだ。

「夢の坂道は、木の葉模様の石畳、まばゆく白い長い壁・・・・」 「ただ、お前がいい、わずらわしさに、投げた小石の、方物線の軌跡の上で・・・・」 小椋佳さんが紡いだこのドラマの主題歌は、自分は文系だと思いこんでいた馬たちのの夢を砕き、エセ理系の鹿やカバたちの限界をも知らしめたものだったような気がする。

そしてその「夢の坂道」(井の頭公園へ続く道)を、蒸かしたイモと温泉卵を抱えて 「は~い、茹でたての卵と、蒸かしたてのお芋だよ~!! と叫びながらボクは徘徊していたのです。

俺たちの旅 オープニング

投稿者 sushitomi : 2011年09月30日 09:17

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sushitomi.com/mt/mt-tb.cgi/597

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)