HOME | 本日のオススメ | シリコン谷から | すしとみ瓦版 | イエローブック | 鉄人主婦養成道場 | 魚豆知識

« 仲良し学校 2010 | メイン | 黄色いスイカ »

2010年07月03日

かさぶらんか・だんでぃー


真偽のほどは定かでない、あくまでも噂話なのだが・・・・シリコン谷某所において、
「うちの亭主がナンバーワン!!」 コンクールが行なわれたらしい。

もちろんダメ亭主ナンバーワンの方で、噂によると、あくまでも噂によると、参加者(奥様)全員がなかなかその地位を譲らず、投票は難航したそうな。

そんなとき、ユーチューブサーフしてたら、沢田研二さんに行き着いた。阿久悠作詩 「カサブランカ・ダンディー」だ。

http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND1265/index.html

「聞き分けのない女性」 がいったいこの世に何人存在するのかは知らないし、そういう女性の頬をひとつどころかふたつも張り倒せる男がいて、しかもピカピカのキザでいられる状況というのは、すくなくともボク、そしてボクの周囲には見当たらない。

「しゃべり過ぎる女の口を、さめたキスでふさぎながら・・・・・」 

うーん・・・・「聞き分けのない女」 と、「しゃべり過ぎる女」をどう区別し、かたや張り倒し、かたやさめたキスで口をふさぐ。 こういう使いわけも、一度ジューリーと悠さんに聞いてみたいものだ。ついでに裕子さんにも。

でもこういうせりふが似合うジュリーや阿久悠さんでさえも、最後は「ボギーボギー・・・あんたの時代は良かった!!」 なんだねえ。 ボギーボギー!! あんたの時代で生きてみたい!!

投稿者 sushitomi : 2010年07月03日 01:07

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sushitomi.com/mt/mt-tb.cgi/519

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)