HOME | 本日のオススメ | シリコン谷から | すしとみ瓦版 | イエローブック | 鉄人主婦養成道場 | 魚豆知識

« 愚妻賢妻 | メイン | 仲良し学校 2010 »

2010年06月28日

ディエゴ・アルマンド・マラドーナ

快進撃を続けるアルゼンチンチームのニュースの中で、監督マラドーナに関するこういう記事が目に付いた。

大会前、W杯に臨む重圧について問われたマラドーナはこう言った。

「プレッシャーというのは、日々生きていくために、15ユーロ(約1660円)を稼ぐ
仕事に出ないといけない人間が感じるものだ。」 「貧しさの中で生きることとは何
か。自分の体が覚えている。」

・・・・・この言葉は重い。

イビチャ・オシム氏の言う、ゴールを決めるには殺し屋のような嗅覚・・・というプレイヤーは、こういうプレッシャーの中からでてくるのだろうか。

韓国・ウルグアイ戦の決勝点を観てそう感じた。

投稿者 sushitomi : 2010年06月28日 01:33

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sushitomi.com/mt/mt-tb.cgi/517

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)