HOME | 本日のオススメ | シリコン谷から | すしとみ瓦版 | イエローブック | 鉄人主婦養成道場 | 魚豆知識

« 初日の出 | メイン | 春の兆し »

2010年01月04日

大木の悩み

毎日通る真冬の散歩道。この時期になると、銀杏の大木の様相は他の時期とちょっと変わる。
新緑の時期はどの木も濃い緑に色づき、晩秋の日にはどの木も黄金色に輝く。

なのに、この時期には、他と違う様相の、掟破りの木が出てくるるようだ。
この通りのほとんどの木の葉が抜け落ちているのに、この大木のみがこのフサフサ状態。


IMG_0019.jpg


他の場所を確認してみると、かろうじてこういう状態の木もあった。

 IMG_0022.jpg


そしてこういうイミテーションまで。  

IMG_0024.jpg

銀杏の樹齢は1000年以上も珍しくないといわれている。この写真の木は、せいぜい100年未満であろう。
人の悩みは尽きないものだが、この大木たちでさえ、周囲の目を気にするとすれば・・・・・・おのれが(ワシが)小さな頭を抱え込むのは、・・・・・


でもこんど、試しにこの大木につく銀杏を煎じて飲んでみようかしら。

投稿者 sushitomi : 2010年01月04日 22:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sushitomi.com/mt/mt-tb.cgi/498

コメント

「フサフサ」とか「かろうじて」「イミテーション」「人の悩み」「周囲の目」「頭」とかいう言葉は、気をつけて使ってもらわないとね。ワシなんか傷つくよ(T_T) もう、ほとんど無いから、今度シゲちゃんに刈ってもらう時は、半額だな。
「フサフサ」の銀ナン試してみてくれ~

投稿者 Junji : 2010年01月08日 00:32

先日来店されたJunjiさんのお仲間 K山さんは、ボクを含めてご一行で写真撮影されたのですが、この写真を見たK山家のY婦人は、あろうことかボクとJunjiさんがソックリだとノタマッタそうです。いったい、どこがどういうふうに似ていのか、一度はっきりさせてもらいたいものですな。

親子でもそうですが、似ないでいいとこばかりどうして似てしまうんでしょうかねえ。

その昔、シゲちゃんが、馬のション○を原料にしたシャンプーがその方面に効くという耳寄りな情報を掴んできましたが、これがガセネタであったことは、今のシゲちゃんを見れば明白なので、ボクはこっそりフサフサ銀杏大明神の袂に飛び込んできます。しばしお待ちを。

投稿者 板前T : 2010年01月08日 22:27

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)