HOME | 本日のオススメ | シリコン谷から | すしとみ瓦版 | イエローブック | 鉄人主婦養成道場 | 魚豆知識

« | メイン | 山賊の宴会 »

2008年05月13日

異物挿入?

コバクリ定期健診を受けてきた。今回初めて胃カメラを挿入してみることになったのだが、胃カメラマニアの先生は、なんと4機種を所持されているため、自分の好みで選ぶことになった。簡単に言うと大中小のサイズなのだが、最新式はなんと鼻から挿入するやつだ。

お客さんに聞いたり、ググッてみると胃カメラの一番の問題はあのオエッツ感のようだ。今でこそ常識をわきまえたが、ついこの前まではバカ飲みして、イヤッツと言うほどオエッツ癖があったボクは、このオエッツ感だけはぜひ避けたい。なんとこの鼻から挿入するとそのオエッツ感がないというではないか。

鼻へ異物を挿入するのは嫌だと皆言うけど、僕の鼻は常日頃からボクの分身である○指、まれに○指も出し入れしてけっこう鍛えてあるつもりだ。念のためにカメラの口径を調べてみると、鉛筆の太さだという。これには少しビビッタが、なにもあの硬くてまっすぐな棒が入り込むのではなく、ちゃんと道なりに挿入されるのだし、解体新書を見ると、鼻の穴は目の方に伸びているんではなく、すぐノドチンコの奥に抜け出ているではないか。

これならオエッツ感がない分楽だと考え、当日は念入りに、メンソレをたっぷりつけた○指を出し入れして準備した・・・・

のだが、結局は 「初めてだから一番小さい口からのものでやりましょう。」 という先生の一声で口からの挿入となった。結論からいうと、挿入中は二人の美人看護婦さんにやさしく励まされていたので、やせ我慢しなければいけないかなと考え、2度ほど嫌な場所を感じたがオエッツ感はなかった。それよりもその前の喉に吹きかける麻酔薬の方が2度ほどオエッツときた。

なんとなくわかったコツを伝授すると、挿入前、挿入時ともに、恥ずかしがらず、ひと目をはばからず、大きくアーと言うときは大きく言い、力を抜いてヨダレをそのまま垂れ流せと言われたらその通りにすればいいようです。

こんなこと書いちゃったけど、千客万来、また寿司食べに来てね、皆さん。

投稿者 sushitomi : 2008年05月13日 14:22

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sushitomi.com/mt/mt-tb.cgi/379

コメント

胃カメラの話しまでは、お寿司屋さんのブログに載せてもいいでしょう。大腸カメラの話しは「ととろぐ」では止めたほうがいいよ。ちなみに、私は、神経が細くて胃潰瘍なんか出来まくりなので、バリウム透視をすると必ず昔の潰瘍痕が見つかります。よって、最近はバリウム検査はやらないで、いきなり胃カメラを飲みます。頭の中を空っぽにして、ヨダレ垂れ流して、ベッドに横たわっていると、とてもいい気持ちです。人生はこうやって過ぎていくのですね。

投稿者 Junji : 2008年05月14日 02:39

じつは昔、下からバリウム透視をし、おぞましい経験をしたことがあるのですが、やはり鮨屋のブログネタにはまずいですか。受けることは間違いないんですが、じゃあこれは散髪屋ネタにしておきます。

投稿者 板前T : 2008年05月19日 07:29

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)