HOME | 本日のオススメ | シリコン谷から | すしとみ瓦版 | イエローブック | 鉄人主婦養成道場 | 魚豆知識

« 渡り蟹の味噌汁 | メイン | 達人 »

2008年01月30日

煮魚

煮魚を食べたお客さんは、「うちで作るとこういう味は出ないんだな~」 とよくおっしゃいます。そこで作り方を聞いてみると、皆さんそのつど料理本の通りに調味料を合わせて作ってるんですよね。おそらく照りとコクというのか、味の乗りが薄っぺらくなるのでしょう。そこで奥さん、あなたにだけにマル秘のテクをお教えしましょう。 

2008 1月 かま.JPG 2008 1月 044.jpg

と言ってもスシトミ流なのでこれも手抜きなんですが、スシトミでは煮魚を炊いた汁を捨てないだけなんです。本当はその魚に応じてダシから張るんでしょうが、これだと味が乗らない。特に身崩れしやすい魚などは難しいので、魚を炊いたらその煮汁を漉して次回のために取っておくんです。店では冷蔵庫に置いて、煮こごりにしてありますが、家庭ならば冷凍して保存しておいたほうがいいでしょう。

  2008 1月 煮汁.JPG 2008 1月 041.jpg

この煮こごりをベースにして、ダシ汁を加え、醤油、酒、ミリン、ショウガなどで味を整えると、最初から調味料だけを合わせるよりも格段に深みがでます。スシトミでは、写真のような各種魚の端切れを煮炊きして、煮汁のストックを用意することもあります。もちろん、この端着れはお通しで使っています。

また、煮崩れしそうなときは、魚に火が通った時点でその魚は鍋から取りだし、煮汁だけを詰めていけばいいでしょう。そこで味ととろみ加減を調整して、食べる前にもう一度煮汁を魚をからめたら、身崩れしないできれいに仕上がるでしょう。

ちなみにボクは煮汁で炊いた豆腐とネギが好きなので付け合せによく使います。

ただし、鯛カマ、キンメ、カレイ、ギンダラ、チリアンシーバスなどを同じ煮汁で煮付けていますが、サバだけは別です。サバを味噌煮や醤油で炊くときにはこの煮汁は使わないし、逆にサバの煮汁は他には使いません。これはまた次回ということで。

投稿者 sushitomi : 2008年01月30日 12:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sushitomi.com/mt/mt-tb.cgi/352

コメント

煮崩れしやすい魚を煮付け煮する時、ほんの少々 にがり を入れると煮崩れしないですよ、そう豆腐を作る時使うやつですね。アメリカで売ってるのかなぁ。入れすぎちゃだめよ!ほんの数滴でOKよ!

投稿者 くま : 2008年02月04日 09:58

え~、これは知らなかった。裏技だねクマさん。どうもありがとう。「にがり」は手に入るので、今度試してみます。ちょうど上野の「百万石」の親方かたいただいた「いるかの涙」というのがあるので試してみますね。http://www.ogasawara-ichiba.com/product/5 それにしてもボクのやり方邪の道だなああ。

投稿者 板前T : 2008年02月04日 22:42

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)