HOME | 本日のオススメ | シリコン谷から | すしとみ瓦版 | イエローブック | 鉄人主婦養成道場 | 魚豆知識

« スシトミ13周年記念セールのお知らせ | メイン | 築地 JAPAN »

2007年08月27日

イマジン

「平和」 という言葉を実感するなんてことは、「平和」 でない状況にあってはじめて身に染み入るものなのでしょうが・・・・・・

ジョンレノン「イマジン」が名曲であることは、誰もが認めるところでしょうが、その詩の内容は、必ずしも常時万人に受けるものではなく、特に戦時下においては一部に嫌悪する人たちがいることも事実です。


今年76歳になるダンは、私がアメリカに来た’85年頃から約6年間、間借りさせてくれた日系人のおじさんです。リタイアしてほぼ15年。サンノゼ郊外にある55歳以上の人たちしか住めないシニアコミュニティの中にマンションを購入し、毎日ゴルフ三昧の日々でした。その彼からなんと結婚式の招待状が届いたので、家族で行ってきました。

花とリボンで飾られたゴルフカートを運転するダンの横では、新婦であるおばあさん?が笑顔で手を振っています。祝福する友人や家族もほとんどが70歳前後だったのではないでしょうか。
食事をしている私のところへ、ワイングラスを手にしたダンが挨拶にきてくれたので、少しイジワルな質問をしてみました。

「あなたは過去2度の結婚で、何も学ばなかったのですか?」

「・・・・・Well・・・・学んださ、でもなにを学んだのか忘れた。この歳になると悪いことは忘れるんだ。そしてもしかしたらまだいいことが残っているかもしれないって、いいことばかり考えているんだ。彼女と二人でね。」・・・・・・・


自営業Yさん(仮名)は、結婚生活を自らの試練と位置付け、「試練の後には?」 と質問すると、「試練の後には新たな試練が待ち受けている」 と、公言するほどの恐妻家であります。
また、この恐妻家にして愛妻家のYさんは、結婚後、初めて平和のありがたさを実感し、その、台風の目に値するほどの頻度のつかの間のの平和の日を、想像しながら生きているそうです。

おめでとうダン!! お幸せに!!!  2007 夏 庭 025.jpg


You may say I'm a dreamar
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will live as one

投稿者 sushitomi : 2007年08月27日 08:28

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sushitomi.com/mt/mt-tb.cgi/325

コメント

う~ん・・・いい話じゃないですか♪
そんな質問できるのはあなただけでしょうねぇ。。

投稿者 ShigeP : 2007年08月28日 19:42

人は、無知で結婚し、我慢が足らずに離婚し、記憶力の無さで再婚する。そういうふうにできている、、、らしい。だから、人生は楽ではないが、楽しい、、、かも知れない(^0^)

投稿者 Junji : 2007年08月29日 19:54

私の場合、無知で済ませるにはあまりにも晩婚すぎ、我慢が足りないことを言い訳にして別れるにも歳をとりすぎたので、にっちもさっちも行かなくて地団駄踏んでいます。「若気の至り」を使えない歳なんですね。

他人の苦労話は、真面目に聞けば聞くほどおかしいし、余裕をもって相談に乗ることができるのに、こと自分のことになるとめまいがしますよね。なんでだろ。今度早婚のShigePさんに聞いてみよっと。

投稿者 板前T : 2007年08月30日 14:31

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)