HOME | 本日のオススメ | シリコン谷から | すしとみ瓦版 | イエローブック | 鉄人主婦養成道場 | 魚豆知識

« イマジン | メイン | スシトミ紅葉(黄葉)前線!! »

2007年08月31日

築地 JAPAN

2007 夏 hana's foods 075.jpg 2007 夏 hana's foods 079.jpg 2007 夏 hana's foods 082.jpg 築地 毛蟹.JPG

今回は、最新築地鮮魚入荷状況を特集しましょう。

上記の写真は、天然の活け締めヒラメ、生タコ足、生うに、毛蟹です。もちろんこれらの品を毎日取り寄せているわけではありませんが、欲しいものがあれば、いつでも築地経由で取り寄せることができる環境にあるということです。最新の〆方、梱包、輸送方法などで格段に鮮度もよくなっています。

築地 鯛.JPG 2007 夏 hana's foods 001.jpg 築地 スズキ.JPG 築地 タカベ.JPG TSUKIJI.JPG 日本で「磯源」や「百万石」に行くたびに、比較してくやしい思いをするのは白身の魚と貝類なのですが、最近築地から届く胡椒鯛や黒鯛、石ガレイなどは、かなりいいところまで近づいていると思います。アメリカの貝類は種類が少なく、日本からは入れることもできないので仕方ありませんね。

コストの問題もあるので、常備することはまだ難しいものがありますが、毎週なにかしら目玉を用意しておきたいですね。日本人以外の常連客は、いつもスペシャルを求めて来てくれます。
そしてかなり敏感になってきています。日本から来たお客さんにはこちらでしか入らないいいものを、そして現地のお客さんには日本の旬のものをなにかしら提供できるように努めておきたいものです。

写真上左から 胡椒鯛、ゴマサバ、スズキ、イサキとタカベ
写真下 シンコとアジ


 

投稿者 sushitomi : 2007年08月31日 17:28

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sushitomi.com/mt/mt-tb.cgi/326

コメント

美味しそうですねえ!!!
1ヶ月後には会社を辞めて、日本に帰って、美味しい魚を一杯食べるぞう!!
と言って、無収入になるので財布の中身と相談しながらですが。
シンコ美味しそうだなあ!(食べたこと無いけど(笑))
鳥取県の米子にいた時に、弓ヶ浜で漁師さんがたくさんの魚を捕っていて、それがトロ箱(どういう意味か判らない(笑))で500円だった。
「このしろ」という名前の魚で、「これ、美味しいんだよ!」と言われたけど、量の多さに圧倒されてしまった。
「このしろ」って、シンコの大きくなった奴だってねえ。
この年になってやっと、あのお寿司に入っているコハダの旨さが判ってきたのに(と言うより思い出して食べたくなってきた)何処で食べられるか判らない。
ましてや、シンコなどは!
さあ、会社を辞めたら、シンコを食べるのを目標にしよう!!
コソダ部長(Andy Ando)

投稿者 コソダ部長 : 2007年09月18日 03:37

コソダ部長、いよいよ残り1ヶ月ですか。海外に住むと、喰える時がまさに旬であり、本来の意味とは違うこともままありますが、今や日本でも同じ傾向が見え、時知らずの魚や野菜、果物などがあふれているようですよ。

私の実家人吉では、今でこそなんでも手に入りますが、昔は刺身というと、冷凍の鯨、しめ鯖、酢だこの黄金コンビでした。これに馬刺しと正月前に届くコノシロの酢〆ですね。初めてまともに寿司を食べたのだって、この仕事についてからのことです。いずれ一度、日本でゆっくりうまい寿司でも食べましょうね!!

その前にぜひアメリカへも遊びにきてください!!!

投稿者 板前T : 2007年09月18日 14:44

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)