HOME | 本日のオススメ | シリコン谷から | すしとみ瓦版 | イエローブック | 鉄人主婦養成道場 | 魚豆知識

« 初夏 | メイン | Lunch Special 花金と週末の入荷予定 »

2007年06月11日

チャーリーパパ!!

ここ2年ほど、慢性的に怠惰な生活の中にも、間欠的に噴出す健康嗜好の日々がある。こういうときは、とりあえず散歩にでかけるのですが・・・・・・

朝公園を散歩していると、犬を連れたおじいさん、おばあさんのグループに出会う。場所がらか、可愛い服を着せたり、きれいに毛並みを揃えた犬が多いが、その中に一匹、目は隠れ、毛も汚れ、ひとりわが道を歩いていつも怒鳴られている、漫画に出てきそうな犬がいた。名前はチャーリー。

このチャーリーのパートナーは70歳は越えたと思われる男性だが、このおじさん、じつに愛想がいい。いつも笑顔で敬礼したり、大げさにお辞儀したりして挨拶してくれる。
おじさんとチャーリーはいつも朝の笑いの中心だった・・・・・・

・・・と、この半年ほどですが、おじさんをまったく見なくなってしまったのです。もちろんチャーリーも。いろんな嫌な事を頭に浮かべながら歩く日々でしたが、仲間の一人のおじさんに聞いてみました。

「チャーリを連れたおじさんを最近見ていないけど、彼は元気ですか?」「死んじゃったよ。」「え、あのおじさんが?」「違うよ、チャーリーだよ。」「え、じゃああのおじさんは?」「3ヶ月ほど前、図書館でみかけたけど、元気だったよ。でももうこの公園には来たくないんじゃないかな。」


「チャーリーパパ!!」 こう呼ぶと、両足を揃え笑顔で敬礼してくれていたおじさん、
公園のすぐ近くにあるモービルホームに一人で住んでいるというこのおじさん、毎日どうやって朝を迎え、過ごしているのでしょうか。


投稿者 sushitomi : 2007年06月11日 07:27

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sushitomi.com/mt/mt-tb.cgi/303

コメント

朝にもそういうドラマがあったんですね・・
もうこの公園に来たくないって気持ちわかります。
もう一人の【ザックパパ】で我慢して下さい。

投稿者 shige : 2007年06月12日 23:03

リスを追いかけ、相手が2匹だとわかると慌てて逃げてくるような犬でした。そういう時、大声で「もう一度行って捕まえてこい!!」と笑顔で怒鳴るおじさんでした。

投稿者 板前T : 2007年06月13日 08:52

この話しは、浩子には読ませられないな。泣いちゃうよ。

投稿者 Junji : 2007年06月13日 19:18

主を待ち続けたタローとジロや、ハチ公の例がありますが、逆もまた想像にあまりまります。
本来主従関係ではなく、パートナーなんでしょうからね。

投稿者 板前T : 2007年06月21日 08:30

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)