HOME | 本日のオススメ | シリコン谷から | すしとみ瓦版 | イエローブック | 鉄人主婦養成道場 | 魚豆知識

« 「都市伝説」 | メイン | 5月のおすすめ »

2007年04月22日

日々雑感 

「日本の銀行」

帰国した際、必要があり銀行へ出向いた。地方とはいえ、立派な大都市の駅前にある銀行だ。5人ほど椅子にかけて待つ人がいたくらいで混んではいない。整理券を取ると、6番目、これは早く済むな・・・・・と、思ったのですが・・・・・・

雑誌を手に取り、座ったのですがここからが実に長い!! カウンターの中には、窓口担当が5名、その後方目に入る範囲になると他に8人もいて、皆、もくもくとなにやらうつむいて作業していいるのですが、まったく進まない。隣のおばさんに、「いつもこんなに待つのですか?」 と聞くと、「今日はすいてるから、そんなに待たなくてもいいほうだよ。」 とのことでした。

日本に帰ると、目が回りそうになる人の動きに圧倒されることもあるし、気が遠くなるほどのんびりした仕事ぶりにも戸惑い、どう対応したらいいのか、いつもわからなくなってしまう。

「人間違い」

私が、買い物先で、その店の従業員によく間違えられることは、これまでにも何度も書いてきましたが、これは相変わらずです。あきらかにカートに商品を乗せていても、並べていると思われるようです。・・・そんなある日・・・・・・・・

暖かくなってくると、我が家のオリーブの枝葉が急成長するので、その前に剪定した。高いところなど、ひとりではとても無理なので、店のアミーゴひとりに手伝いに来てもらう。切るのもたいへんだが、落とした枝葉を小分けにし、片付けるのも一苦労なのだ。大汗をかきながら我がトラック「マンギョンボン号」に積み込んでいるところで、犬を連れたおばさんに声をかけられた。 2006 秋 車・ 058.jpg


「How much do you charge?」・・・・・・・・「えいごこんぷれっくす」 の私ではあるが、これくらいの間違いはわかります・・・・「How much do you pay ?」 ・・と、おばさんは聞くべきですよねえ? 

ココロ優しい私は、「ここは私のうちで、彼は私の友達です。手伝ってもらっているんです。」 というのですが・・・・「チップはずむから、終わったらうちに来て」 と、しばらく食い下がられました。


「今週の迷言」

マーク翁70歳。定年と同時に、カリフォルニア北部の山に土地を求めて移り、ほぼ自給自足の生活中。今は月に1度山を下りてきて、シゲちゃんのところで散髪をし、酒類の買い出しをしてまた山へ戻ります。もちろん、スシトミにも立ち寄り、寿司バーで1杯やるのですが、この翁、毎日鶏やヒツジとしか話していないくせに、英語でも日本語でもじつにうまく周囲の笑いを取ります。


ボク・・・・・・マークさん、相変わらず英語も日本語も達者だねえ。帰米二世でしょ? どうしてそんなにうまく話せるの?

マーク翁・・・・・・・生きていくのに、最低限必要なことぐらいは覚えましたよ。

ボク・・・・・・・そうだろうけど、どうしてそんなに達者なのかなあ。アメリカに戻ってきたのは15,6歳? だよね?

マーク翁・・・・・・・中学まで出れば、日本語は充分でしょうが。「いろは」の「いろ」 くらい、もう覚えてましたよ。

ボク・・・・・・・でも英語はアメリカに戻ってからでしょ? アルファベットくらい習っていたの?

マーク翁・・・・・・・ABCで最初に覚えたのは・・・・・「H 」 じゃあなかったかなあ・・・・・


この人の脳みそは、故郷の大先輩0方さんと同じく、ぜひ形見分けして欲しいものです。

投稿者 sushitomi : 2007年04月22日 07:52

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sushitomi.com/mt/mt-tb.cgi/291

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)