HOME | 本日のオススメ | シリコン谷から | すしとみ瓦版 | イエローブック | 鉄人主婦養成道場 | 魚豆知識

« 日本史 2007 北海道編その4 | メイン | 日本史2007 伝説の料理人 »

2007年04月01日

カリフォルニアの冬

冬場に手に入る魚を集めてみました。不精がたたり、4月になってUPするというのもなんですが、忘れないうちにメモッておきます。来冬の参考にしてください。

下はイーストから来るクエ(アラ)です。となりに置いた鯛やバスとくらべるとわかりますが、魚鯛も大きく、刺身でもいちろんうまいし、鍋た煮つけ、揚げ物など万能、冬場の王様です。隣はそのクエのカマを豆腐や野菜と一緒に酒蒸しにしてみました。これは最高!!


クエ.JPG2006-2007 正月 036.jpg

2006-2007 正月 042.jpg2006-2007 正月 041.jpg2006-2007 正月 040.jpg


あんきももイーストから来ます。これは蒸してポン酢か、ソテーにしてもいいでしょう。アワビは南カリフォルニア、みる貝はシアトルの方で養殖されています。ほぼ年間通して手に入りますが、ともに高い!! 歩留まり考えると、みる貝は一番合わない食材になってしまいました。

2006-2007 正月 043.jpg2006-2007 正月 044.jpg2006-2007 正月 048.jpg


メキシコ産本マグロ。これは最近主流になってきた畜養ものです。魚体は地中海ものに比べて小さく、味は遜色ないものの、オーストリアものと同じく赤身の色変わりが早い難点があります。
トビウオはどこから飛んでくるのか忘れました。刺身にするにはちょっと鮮度の問題があるので、うちでは軽く〆ています。モントレーイカはローカル物の至宝ですね歯ざわり、粘り、甘み、どれをとっても文句なし。イカソーメン、握り、うに和え、煮つけ、これまた万能です。年によって入りの具合はまちまちですが、本来は年間通して近海にいると思われます。

2006-2007 正月 047.jpg2006-2007 正月 052.jpg2006-2007 正月 049.jpg


アオヤギ、マテ貝ともにイースト物です。貝類は基本的に東海岸、つまり大西洋側がいいようですね。アオヤギはさっとお湯をくぐらせて刺身、寿司。マテ貝も同じですが、うちでは握りなら炙り、つまみなら軽くショウガ醤油で焼いて出します。これはうまい!!

2006-2007 正月 037.jpg2006-2007 正月 038.jpg2006-2007 正月 039.jpg

は日本からの養殖、ストライプドバスはカリフォルニアの養殖、アジは九州産です。年間通して入荷します。


下は2007年のオセチ。かまぼこ、酢だこ以外は自家製です。オッチョが腕を振るってくれました。その下の刺身盛り合わせは、健康サプリバンクの○ぢさん宅でも手巻き寿司パーティー用盛り合わせ。盛り込みながら、値段のつけようがなくなってきた、ご奉仕品です。でも○ぢさんが日本から持ち込む毎回違う焼酎の誘惑には勝てないからいいか!!

おせち1.JPGおせち2.JPG

手巻き1.JPG手巻き.JPG
itomi.com/blog/2006-2007%20%E6%AD%A3%E6%9C%88%20036-thumb.jpg" width="160" height="120" />


中華.JPG2006-2007 正月 033.jpg


これは中華風オセチ。左は「ぎょーざの花」のシェフに頼んで、鯛を蒸して味噌醤油ソースまぶしにしてもらいました。右はうちの西太后(カミサン)が作る水餃子。どういうわけかうまい。「花」で食べるのよりもうまい。

投稿者 sushitomi : 2007年04月01日 07:21

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sushitomi.com/mt/mt-tb.cgi/283

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)