HOME | 本日のオススメ | シリコン谷から | すしとみ瓦版 | イエローブック | 鉄人主婦養成道場 | 魚豆知識

« 今週の名言 | メイン | 日本史 2007 その2 »

2007年03月25日

日本史 2007

2月にまた帰国しました。今回は、実家人吉において本来の用事があったのですが、その用事が2回に分けて中1週間を必要としたため、社会見学を兼ねた旅に出てみました。

「ようこそJAPAN」 

・・・・・という、飛行機の片路線が1万円+税金という海外在住者向け割引チケットを目一杯利用し、北は北海道、そして東京で2度の落語、寿司ツアー、博多の焼き鳥など強行日程です。


上野 鮨 「百万石」」

・・・・・今回は成田到着後、そのまま直行。前回はランチ時で、寿司が主だったので、今回は夜。
前回初めてお邪魔して以来、もうすでにトミ寿司の総大将をはじめ、市川在住の井○夫妻、KZなどなどが訪れているため、大歓迎していただきました。旬の刺身はいうまでもなく、自家製の肴を堪能。翌日の移動時に食べる巻物も用意していただきました。

最近スシトミで使っている「ホウボウ」は、その日の白身の一押しでした。初めて食べたけど、寒くなると甘みが急に増すそうです。名物自家製からすみの味噌つけ は、干した粘着力のあるからすみではなく、生のボラのたまごを味噌漬けにした、いわば 「とろけるからすみ」 ですね。今回も文句なし!!


「博多 焼き鳥「花山」」

・・・・・スシトミML大分支部長のしんちゃんを呼び出し、二人で焼き鳥のフルコース+ラーメン。ここはとにかくメニューが豊富です。この歳ではフルコースを取ると、さすがにきつい。「しろ」、「バラ」、「自家製ソーセージ」などなど20本以上食べたんじゃないかなあ。でもなんといってもここの酢の物が一番好きです。今回は「キクラゲをたっぷり和えた子袋」 でした。う~まい!!


2006-2007 正月 056.jpg

写真は幼馴染のキクちゃんが経営する、中州歌舞伎座地下 「御膳屋 の玄関口に飾ってある焼き物の竜です。高さ1メートル弱あるこの竜の作者は、これまた私の幼馴染で、人吉にて「一勝地焼き」 の継承者である高場英二君の手によるものです。


「方向音痴」

・・・・・今回は安い 「東○イン」 から、最高級「ザ、ウインザーホテル」 まで、実家以外はほぼホテルでの宿泊でしたが、どこへ泊まっても、私には直しがたいクセがあることを再確認させられました。

部屋を出るときに、ほぼ100%、エレベーターとは逆方向に歩きだしてしまうんですよね。しかもどちらかを迷うのではなく、ササッと足を踏み出してしまうんです。そしてかなり歩いてから、その間違いに気づく。「部屋を出てまず確認したらいいのに!!」、と自分でも思うのですが、これができないんですね。じつは日常の運転でも、逆に走ることが常で、「101下りてエルカミーノをサンノゼ方面に走って・・・・」なんて言われると、間違いなく、でも確信を持ってサンフランシスコに向かっちゃう。そしてかなり走ってから、「あれっ?」 となるんです。

どうやら私には、座標軸が南北の1本しか仕込まれていないんですよね。しかも頭の上が北で、地面が南だという認識しかないため、そこに急に西とか東が入り込むともうダメなんです。しかも 「えいごこんぷれっくす」 の私に、「EAST」とか「WEST」の看板が飛びこんでくるとそら~もうパニックなんですね。私の頭の上が常に北を指したたまま、カーナビの画面がグルグル動くように思考するのは不可能なんです。

恥ずかしい話なので、具体的に何歳の時までとはいえませんが、じつは私、お日様は西から昇って東に沈むと思ってたんです。そう、あの漫画の主題歌を、あのこぶしのきいたうなり声をずっと真に受けていたのです。「西から昇ったお日様が、東~にしず~む~」 papa.gif


投稿者 sushitomi : 2007年03月25日 07:22

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sushitomi.com/mt/mt-tb.cgi/277

コメント

そういえば、バカボンのパパは熊本出身(七城中学出身)でしたねぇ。やっぱり熊本人は。。。

投稿者 koichiro516 : 2007年03月25日 08:05

熊本県菊池市の七城中学校(実在)・東京都のバカ田高校を経てバカ田大学を首席で卒業・・・・・へ~、本当だ。これは知らなかった。さすがKoichiroしゃん、熊本通だねえ。

投稿者 板前T : 2007年03月25日 10:26

 いつもいろいろな知見をありがとうございます。

 ところで、私も(それもナカオチ丼がスシトミで出される時に限って)ホテルに泊まりますが、何も考えず,自信を持ってエレベータと逆の方向に歩くことがよくあります。 freewayを乗り間違えることはあまりありません。

 ただし、子供の時から今に至るまで、右と左がよくわかりません。
「右」「左」「right」「left」とか言われても、かならず戸惑いの空白の期間があります。 日本の視力検査(丸が欠け、右左で言わなければならないもの)は地獄でした。

投稿者 S_A : 2007年03月25日 12:13

ところで七城と言えば七城米、このあいだ実家から送ってきました。うまかです。

うちの親父は、俺が学生時代の頃からこうやってなにか送ると「おい、慰問袋ば送っとったけんね」と連絡してくるとですよね。もう20年近く出征中の息子です。

投稿者 Koichiro516 : 2007年03月26日 05:46

S_Aさん、ホテルの部屋を出るとき、普通の人は確認するんですかねえ?ボクはとにかく迷わず逆に踏み出しちゃうんです。いつも間違えているクセに、いったいこの確信はどこからくるのでしょうか? 

また、ボクはフリーウエイで南か北が出ているぶんにはなんとかなるのですが、東か西かが出ると、いったん南北の線を頭に描き、それから頭が北、左手が西(太平洋側)、右手が東で山側という作業をしないといけません。そしてたちの悪いことに、頭側(北)に進路を取っている場合はそのままでいいのですが、南へ行きながら東西へ進路を帰る場合は、後ずさりしながら考えるため、たいがい行き過ぎてしまうし、勘で行くとほとんど逆です。「北北西へ進路を取れ!!」な~んて言われた日には、まず脱線してしまいますね。情けない!!

投稿者 板前T : 2007年03月26日 17:57

「七城米」? これまた初めて聞いたよ。昔熊本では「水晶米」というのがあって、普通はこれを当たり前と思って食べていたけど、上京してウナギ屋で働き出して店で食べた仙台の「ササニシキ」には驚いたよ。これまで食べてきたのはなんだったんだと思うくらい、うまかった。ウナギ屋はいい米使うからね。

でも最近人吉で食べる米も格段にうまくなっているよ。「七城米」、次回試してみたいね。それにしてもKoichiroさんの出征姿、似合いそうですね。闇米の買出しで、汽車にしがみ付いている感じかな。

投稿者 板前T : 2007年03月26日 18:44

はじめまして。
サンフランに向かうとサンセットタウンという今までの人生で
最高の夕日を見た記憶があります。

七城米は七城でとれるヒノヒカリです。
違う品種のように思われる方が多いみたいですね。
水晶米はお米屋さんの名前みたいなもので、
お米の品種とは関係ありませんよ。
昔は水晶米の米屋さんが米屋の代名詞だったからね~。

アメリカではお金がなかったので牡丹という米ばかり
食べていました・・・。(笑

投稿者 Ryu : 2007年04月14日 02:00

Ryu さん、私は高校卒業と同時に熊本を離れたもので、熊本の米のことをなにも知りませんでした。熊本だけで水晶米の看板を見ていた記憶があったので、てっきり熊本米の品種だと勘違いしていました。七城米も同様です。

最近のカリフォルニア米は本当においしくなりました。コシヒカリがブレンドされ、今や短粒米が標準になってきています。
それにしても牡丹米は寂しいですね。今度渡米される機会がありましたら、ぜひ声をかけてください。おいしい米をご用意しておきますから。

投稿者 板前T : 2007年04月15日 14:51

おお、牡丹はまだあるのですね。(笑
アメリカのコシヒカリはSBS米として日本に入ってきています。
コシヒカリ以外にあきたこまちも入ってきていますよ。
ただ、イメージが・・・ですね。
イメージさえ払拭出来れば悪くないと思うのですが・・・。

うーん、板前Tさんが熊本にいらっしゃった時分に七城米として
ブランドが形成されていたかどうか・・・。
渡米する時には必ず声をかけますね!
次回はちょっと奮発して国賓(まだあるのかな?)を買おうかな!?

投稿者 Ryu : 2007年04月16日 02:26

牡丹米も国賓もあります。この週末にミツワ(ヤオハン)の値段表を撮影してUPしますね。しばしお待ちを。

投稿者 板前T : 2007年04月21日 08:41

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)