HOME | 本日のオススメ | シリコン谷から | すしとみ瓦版 | イエローブック | 鉄人主婦養成道場 | 魚豆知識

« 今日のランチ 30日 木曜日 | メイン | 男と女の方程式 »

2006年11月28日

「さんすうこんぷれっくす」  

私の 「えいごこんぷれっくす」 はすでに周知のことでありますが、もうひとつ 「かみんぐあうと」 しますと、じつは算数の出来もよくありません。私がつけて出すチェックに文句を言う御仁もいますが、忙しいときに、きちんと暗算できないので、多少は切り上げてしまうのも仕方のないことなのです。ちなみに私の隣につっ立っている「オッチョ」なんて、自分専用の電卓まで用意して計算していますが、彼は「えいご+さんすう+きかいこんぷれっくす」なので、その使い方さえも信用できません。

それによく 「どんぶり勘定」 なんて言われますが、いくら 「どんぶり」 でも、長年のカンというものがありますから、そんな突拍子も無い高値をつけることはありません。絶対損だけはしないようにするのはもちろんですが、取り過ぎも禁物なので、「あれ、今日は少し飲みすぎたかな?」 と思わせるくらいのさじ加減も重要ですね。一番嫌いなのが、客に 「お、なんだ今日は安いなあ!!」 と言われる時ですね。これは悔しい!!次を見ていろ!! と思っちゃう。

ちなみに私の横に立つ 「みっちゃん」 から、かって一緒に働いたバリバリ鮨職人Kさんのすばらしい名言を聞きました。
Kさんのつけた刺身代のインフレぶりに、「みっちゃん」 が思わず 「えっ!!」 と驚くと、Kさん低い声で一言・・・・「おい、鮨屋がビビッてどうすんだ」 と、のたまったそうです。この言葉をかみ締めながら、私はいつも勘定を出しているわけですが、「さんすうこんぷれっくす」 は今後もぬぐいきれないでしょう。その上最近の新聞記事を見ていると、「こくごこんぷれっくす」 にまで陥りそうですね。


「松阪の落札額は5111万ドル(約60億万円)、井川が約2500万ドル(約29億円)」 「 レ軍は年平均で700万~800万ドル(約8億1200万~9億2800万円)を提示、ボラス氏は1500万ドル(約17億4000万円)を要求していると予想。その差を「太平洋ほどの差」と表現した。」 

投稿者 sushitomi : 2006年11月28日 17:43

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sushitomi.com/mt/mt-tb.cgi/253

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)