HOME | 本日のオススメ | シリコン谷から | すしとみ瓦版 | イエローブック | 鉄人主婦養成道場 | 魚豆知識

« 水曜日のランチと、 10月初旬のおすすめ | メイン | Weekend Specials 10月 »

2006年10月05日

スシトミ瓦版 我が良き友よ 2006

このところスシトミ常連さんを含む知人たちの中で、ご自身の本を出す方、長年の研究の成果が新聞などにとりあげられた方などなど、うれしいニュースが続いています。

考えてみると、私も不惑を過ぎ、いつのまにか天命を知る歳に近くなってきております。このシリコンバレーという、刺激のある人たちが集まる場所に店を構えると、周囲にそういう人が出てもおかしくないですよね。そしてそういう方々が、息抜きに店に来て飲み喰いし、バカ話に興じてくださるのが、私のささやかな喜びでもあります。
せっかくですから、2006年現時点で、そういう話題になった方をご紹介しておきます。折りあれば皆さん、これらの人の著作にぜひ触れてみてください。


松谷隆さん・・・・・・スシトミMLでは、「横浜のご隠居」 としてよくご登場していただいておりますが、企業OBペンクラブのメンバーとして、「年金暮らし心得手帳」をはじめとする、数々の指南書を共著されています。なかでも最新の卒サラ川柳 「不良老人たちの溜息」 の中では、「零門」 という俳号で、雷を落とされることもあり、私は自分のことを言われているようで、気を引き締めております。隠居後に英語検定試験上位で合格、太極拳師範取得、このご隠居は隠居の鏡ですね。http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31693681

石橋善一郎さん・・・・・この人は私と同じ歳です。最初に会った頃は上記の松谷さんと同じ会社の若き駐在員でしたが、日本から社長をはじめとする上司が来ると、必ずご指名のかかる不思議な徳の持ち主でした。本人はいたって真面目なのですが、カラオケに行くと、沢田研二の歌を熱唱するなど、何事にも全力投球なのが魅力なんですね。いつの間にかスタンフォードでMBAを取り、いくつかの会社に勤務した中のひとつがインテルで、今回の本の作成に携わることになったようです。http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478340242

飯野謙次さん・・・・・この人も私と同じ歳です。日米往復で、半分しかアメリカにいない状況ですが、アメリカに居るときは、顔を出してくれ、スシトミMLへの貴重な情報(真面目部門)の提供者でもあります。先日 [ 「失敗をゼロにする」のウソ ] が、ソフトバンク新書から出ました。http://www.sbcr.jp/books/products/detail.asp?sku=479733360X

梅田望夫さん・・・・・梅田さんに関してはもうなにも語る必要はないでしょうが、じつはこの方とも同じ歳なのです。それにしても、最初の著作「シリコンバレーは私をどう変えたか」 を出し、その本をいただいて読んだときには、同じ場所に住み、同じ歳なのに、自分とはずいぶん違うことを考えている生きている人なんだなあ・・・・と変な感心の仕方をしたものでした。http://www.amazon.co.jp/gp/product/4104486019それが今や、文庫本を開くと、梅田さんの顔写真(折込広告)が落ちてくるほどの売れっ子ぶりとなりました。最新作はこちらです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480422536/

中村孝一郎さん・・・・・上記の梅田さんに、かってこのように http://www.shinchosha.co.jp/foresight/main/data/frst200308/fst.html 紹介されたことのある中村さんは、実は私と同じ人吉で少年期を過ごした、後輩になります。スシトミに出入りしている頃は、大盛り飯に味噌汁のお代わりで腹を満たしていくのが常で、万年欠食児童と呼ばれたり、最近ではスシトミML横浜支部長付き宴会係長としてよく登場しております。梅田さんには 「三顧の礼で迎えられた男」 と称されてていましたが、私にとっては、「三食支給に釣られた男」 の方が似合うと思うのですが。良き伴侶を得、父親にもなり、ますます今後の活躍が楽しみです。http://journal.mycom.co.jp/news/2006/05/19/001.html

井手祐二さん・・・・・・・この方も我が故郷人吉で青少年期を過ごし、現在はシリコンバレーに居を構えておられる良き先輩です。
この先輩のアイデアとそれにともなう行動力は、本業だけでなく、熱心に取り組まれているボランティア活動などにも活かされており、今回開発されたソフトは、その両方を結びつけることにもなる素晴らしいものですね
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/20060929ddm010020154000c.html

スシトミ開店して12年、サンノゼとみ寿司時代を入れると在米21年になります。この間たくさんの方と知り合い、帰国や転勤で寂しい思いもしましたが、元気でご活躍の噂を耳にしたり、出張やご旅行で店に来てくださるのは何事にもかえがたいものです。
遠方からご来店の折には、ぜひともメールにて chef@sushitomi.com お早めにご予約ください。万難を排してお待ちしております。

・・・・浪速の天才運転士マホさんhttp://homepage2.nifty.com/BNSF/なんで突然きちゃうの? 会えなかったじゃないの。次回は必ず時刻表どおりに行動してね。

投稿者 sushitomi : 2006年10月05日 01:51

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sushitomi.com/mt/mt-tb.cgi/217

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)