HOME | 本日のオススメ | シリコン谷から | すしとみ瓦版 | イエローブック | 鉄人主婦養成道場 | 魚豆知識

« 日本史 2006 望郷編その2 | メイン | 日本史 2006 ふるさとは遠きにありて »

2006年07月13日

13日の木曜日 のランチとおすすめ

久しぶりに雑ぜご飯を用意します。鶏肉と野菜(ゴボーやこんにゃくなど)の煮込みを鮨シャリにあわせておきます。鶏のから揚げと、ロックコッドのアラの味噌汁も付けましょう。

残ったら、おにぎり にしておきます。今夜来てくださったお客さんの夜食に差し上げましょう。あっ、そういえば今日は13日の木曜会ですね。クワバラクワバラ

大型のローカルロックコッドが2尾入りました。から揚げ、煮つけ、アラ汁を用意しておきます。
生タコ、アジ、アワビ、みる貝、コンチ、鯛、ひらめ、生うに、ホンマグロとろ、ちゅうとろなども入荷しています。ハワイのコナカンパチは、午後の入荷
になりそうです。

杯(カップ)も終わり、見る楽しみはなくなりましたが、今はその総括というか、各種報道を比較し、読むのがおもしろいですね。私はやっぱり沢木耕太郎さんの視点が好きです。 http://sports.nikkei.co.jp/wc2006/report/nikkei05.cfm
特に6月30日付け、サワコーさんの記(海外組「幻想」と「限界」) は読み応えがありました。もろ手を挙げて感服しております。でも、それでも・・・・新刊文庫(杯)を読むと、やはり沢木さんのジーコびいきを感じざるを得ません。もともと人に対して、優しい視点を持つ方だと思うのですが、トルシエには厳しかった。

投稿者 sushitomi : 2006年07月13日 09:31

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sushitomi.com/mt/mt-tb.cgi/184

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)