HOME | 本日のオススメ | シリコン谷から | すしとみ瓦版 | イエローブック | 鉄人主婦養成道場 | 魚豆知識

« 今週末のおすすめ 七夕 | メイン | 日本史 2006 望郷編その2 »

2006年07月10日

日本史 2006 望郷編

「故郷」・・・・・・・人吉の実家の裏は山、前は田んぼと川です。家の後ろにはコンクリで固めた、農業用の小さな側溝があるのですが、ここには今でもホタルがでます。初夏の夕暮れ時に飛び交うホタルと、夜通し鳴き続けるカエルの合唱を聞くと、故郷へ帰ったことを実感します。
2006 日本、中国の旅 172.jpg


「遺伝」・・・・・・・食事どき、急に父が聞いてきました。「デジタルって、なんだ?」・・・・突然、もっとも不得意とする分野の質問を受け、絶句している僕の横から、工業高校の電気科に通う甥っ子が答えます。 「アナログでないのがデジタル。デジタルでないのがアナログたい。」・・・・・・・・甥っ子の未来は暗い。

「やまうに豆腐」・・・・・・・五木に行き、同級生の橋本君を訪ねる。ご存知やまうに豆腐の考案者であり、今や全国を駆け回る多忙ぶりである。ちょうど豆腐の仕込みをしている最中で、握手をすると、ふやけて、冷え切った手に、職人の仕事ぶりが窺える。写真左手に新築した工場。いままでの場所が手狭になったこともあるが、ダム工事の影響で、水質が悪くなったため、より良い水を求め、川辺川に注ぎ込む支流にその地を選んだそうだ。
2006  日本、中国の旅 164.jpg


「球磨焼酎」・・・・・・・・・五木から下りてくると、これも同級生の高田君の焼酎工場に出る。工場見学と試飲。100年を越す石蔵の中に寝かせた焼酎の樽を開けてもらい、その香りにしばし酔いしれる。より良い水、酵母を求めて研究を怠らない同級生たちと再会し、鋭気を充電する。
2006  日本、中国の旅 154.jpg


「学び舎」・・・・・・・・・・・この赤い屋根が川辺ダム完成後に水没する五木の学校。上にかかる橋は、工事用に作られたもの。用地として我が家を国に売り渡してしまった人たちも、新天地に馴染むことができなかったのか、故郷忘れがたかったのか、舞い戻る人が多いという。
2006  日本、中国の旅 166.jpg

投稿者 sushitomi : 2006年07月10日 08:42

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sushitomi.com/mt/mt-tb.cgi/182

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)