HOME | 本日のオススメ | シリコン谷から | すしとみ瓦版 | イエローブック | 鉄人主婦養成道場 | 魚豆知識

« 花金スペシャル!! | メイン | 五月 さつき »

2006年05月14日

頑張れニッポン!! 杯(カップ)直前の公約

ワールドカップ開催を目前に控え、沢木耕太郎さんの新潮文庫新刊 「杯 (カップ)緑の海へ」 を読みながら、ひとり気分を盛り上げております。

最後の調整ともいえる「キリンカップ」で、対戦国の過去の実績や、予選の経過はともかく、ここに来てホーム2試合で、勝ち点1、得点も1とは寂しいものがあります。仮に3試合目(ブラジル戦)があるとしたら、The end ってやつですね。

私は以前も書いたのですが、今、日本に必要なのは、なによりも先制点だと思います。仮に逆転されてもいいから、とにかく先にゴールを決めてみせてチョーダイ!! というのが私の願いなんです。
得点力不足が常々取りざたされていますが、日替わりフォワードどころか、前後半で4人を投入しても無得点。この時期にフォワードを任せる人間さえ決まってないんですよね。

どんなにきれいな形をつくり、お手本のシュートを打っても、枠をはずしたら入りません。天才ペレやマラドーナでも、芸術的なシュートは、幾多もある泥臭いシュートの中のわずかなのです。

とはいえ、固定されていないフォワード陣に得点を望むのは可愛そうです。本大会では、中盤、デイフェンス陣のまさかの得点に期待しておきます。

もうひとつの問題は、実際の戦いぶりは見ていませんが、気になるのは新聞などの論調ですね。すべてを読んだわけではないけど、負けても淡々としています。危機感がないというのか、奇跡を信じています!! という感じなんですね。

大会後、敗戦の将ジーコに対し日本サッカー協会は、これまでの貢献、功績を讃え、拍手で送り出すのでしょうね。そしてまた、まったく違うタイプの監督を向かえ、その人の起こす奇跡を信じて、次回大会に臨むことでしょう。


そこでお約束!! スシトミでは、大会開催日の6月9日金曜日のランチで、「1ドル勝つ丼」 を出しましょう。ただし、青、白、赤のうち、どれか2色を身にまとってきた人に限ります。白いTシャツに青い帽子でいいですよ。

また、予選リーグの3試合で、日本が先制点を挙げたら、その次の金曜日は、辛口カツカレーを出しましょう。

投稿者 sushitomi : 2006年05月14日 07:17

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sushitomi.com/mt/mt-tb.cgi/156

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)