HOME | 本日のオススメ | シリコン谷から | すしとみ瓦版 | イエローブック | 鉄人主婦養成道場 | 魚豆知識

« 「男たちの旅路」・・・・・・の末路 | メイン | 花金のランチと亭主関白 »

2006年04月06日

男たちの旅路シリーズ Aさんの場合

「ポチ!! ママが呼んでるよ!!!」 

・・・・・・・・・息子の声だが・・・、誰に言ってるのだろ・・・・
と思い、振り返るとそこには息子が・・・。

「おい、今なんと言った?」 「え?・・・どうしたのパパ、ママが呼んでいるよ。」
「ちょっと待ちなさい。今パパのことなんて呼んだ?」「え? なにパパ、どうしたの? 早くママのところに行ったほうがいいよ!」
「いや、今パパのこと、ポチって呼んだよな?」 「そんなこと言ってないよ。早くしないとまたママにおこられちゃうよ!!」・・・


・・・・・・・ははーん、あのアマ、陰で俺のことポチって呼んでやがるな?・・・・それでこの子までつい言っちゃったんだ・・・。

まったく、いつもいつも、人のこと馬鹿にしやがって。なに? 「あんたの英語ではアメリカでは生きていけない。」 ・・・だと?
「私がいないとなーんにもできないじゃないの!!」 ・・・だと? そりゃあまあ、確かに俺は英語ができないけど。なにもそこまで言うことないんじゃないか?
お前だって、○○だし、凸凹だし、俺と一緒になってなけりゃ今でも独身のはずだぞ! 違うか? いいかげんにしないと、しまいには、声に出して言ってやるぞ。
男の心の叫びを、一度聞かせてやろうか!!!

・・・・そうなんです。このAさん、誰からみてもいい旦那さまで、子煩悩な愛妻家なのですが、かなりの恐妻家でもあります。結婚生活を、自らの試練に位置づけて、日々これ精神修養とばかりに我慢し、家庭内には波風どころか、そよ風すら吹かせない気迫を持って、揉め事を未然に防いで暮らしているのです。

「ポチだと?」 さすがのAさんも、これには黙っているわけにはいかなくなってきました。なんとか手をうたなくては、冗談ではすまない。
今後の家庭生活に破綻をきたすことになりかねないのです。

そう、この子がいつ・・・・・口走ってしまうか・・・・そうなる前になんとか手を打たないと!!!

「ねえ、ヤマンバ(山姥)!! パパが呼んでるよ!!!」

* 作者注 これはあくまでもフィクションであり、登場した人物に心当たりがあるとしても、それは気のせいです。

投稿者 sushitomi : 2006年04月06日 15:57

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sushitomi.com/mt/mt-tb.cgi/126

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)