HOME | 本日のオススメ | シリコン谷から | すしとみ瓦版 | イエローブック | 鉄人主婦養成道場 | 魚豆知識

« 木曜会の夜 | メイン | Lunch Special 月曜日 新シェフのメニュー第一弾 »

2006年01月27日

第3章 サバの水煮

奥さん!!自家製白菜漬けはうまくできましたか? いきなり難易度の高い1品で、とまどうこともあったかと思いますが、わからない点がありましたら、いつでもご連絡ください。もっとわかり易く説明しますから。
では今回は和食の定番「サバの水煮と白菜の炊き合わせ」です。これまた皆さん難しく考えてなかなかできないとおっしゃいますが、なーに、あなたのためです。私が手ほどきいたします。させてください・・・・・・

・・・・まず、「サバの水煮」の缶詰を買いに行きます。これは日系のマーケットではなく、韓国系の方が、安くて種類も豊富です。銘柄はなんでもいいでしょう。まず鍋にこの缶詰を汁ごと全部入れます。これにお湯を足し、沸騰したところにぶつ切りにした白菜を加えます。前回同様にスシトミ秘伝その1 「追い本ダシ」 の技を出してください。小さじ2-3杯というところでしょうか。
その上から醤油をドバドバっとたらして、煮汁の味を見てください。薄いですか? 薄ければもう少し醤油、そしてミリンを足し、醤油辛いようでしたら少しお湯を足し、味気が物足りなければ、もう一度秘伝の追い本だしを少し加えてみてください。はい!!これで出来上がり。応用編としては、白菜の代わりにキャベツを切らずに1枚づつ剥き取り、これをこの缶詰ダシで煮て軟らかくし、サバを丸ごとくるむと、和風ロールキャベツになります。また、同じ要領で、「サバの味噌煮と白菜の炊き合わせ」 もぜひお試しください。

投稿者 sushitomi : 2006年01月27日 06:17

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sushitomi.com/mt/mt-tb.cgi/56

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)